スポーツ情報まとめのまとめ

スポーツファンへのプレゼント

中田英寿は「東洋から来た“キャプテン翼”」「セリエA冬の高額移籍5人」に選出!本田圭佑は冬の移籍市場ワースト10に選出!

投稿日:

1: 2018/01/12(金) 19:26:26.60 ID:CAP_USER9

2000年にペルージャからローマへ約24億円で移籍 「歴代3位の移籍金が支払われた」

現在、ヨーロッパでは冬の移籍市場が活発に動き、選手たちの移籍が次々に決まっている。そうしたなかで、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、「冬の移籍市場での高額移籍」を特集。現役時代にペルージャからローマへ移籍した、元日本代表MF中田英寿の名前も挙がっている。

2000年1月に中田が移籍した際、ローマからペルージャに支払われた移籍金は350億リラだった。イタリアの通貨がリラとユーロの過渡期であったこともあり、当時のレートを図りにくい部分はあるものの、現在のレートで日本円にすれば約24億円になる。これは、当時の冬の移籍市場で支払われるものとしては相当な高額だった。

 記事では「東洋から来た“キャプテン翼”には、歴代3位の移籍金が支払われた。何よりも、2001年5月6日のユベントス戦だ。この試合に0-2から途中出場した彼は鮮やかなミドルシュートを決め、さらにヴィンチェンツォ・モンテッラの同点ゴールもナカタのミドルからだ。6月にはローマがリーグ優勝を果たしたが、その大きな力になった」と、高額な移籍金に見合うものになったとしている。

 他には2000年にレアル・マドリードからインテルに移籍した元オランダ代表MFクラレンス・セードルフの500億リラ(約40億円)や、2004年にフィオレンティーナからパルマへ移籍した元ブラジル代表FWアドリアーノと、2013年にマンチェスター・シティからACミランに移籍した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの2300万ユーロ(約31億円)、2011年にジェノアからインテルに移籍した元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアの1850万ユーロ(約25億円)と、合計5人の事例が取り上げられている。

高騰する移籍市場の“成功事例”として脚光

 今冬の移籍市場では、リバプールからバルセロナへ移籍したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの1億6000万ユーロ(約216億円)や、サウサンプトンからリバプールに移籍したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの8000万ユーロ(約108億円)など、衝撃的な金額が飛び交っている。

 そうした情勢のなかでも、当時としては驚異的な金額だった中田の冬の移籍市場で記録された移籍金もまた、成功事例として脚光を浴びている。コウチーニョやファン・ダイクは、その金額に見合うような働きを今季後半戦で見せることができるだろうか。

12(金) 12:50配信 ZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180112-00010008-soccermzw-socc

no title

3: 2018/01/12(金) 19:27:09.82 ID:CAP_USER9
背番号10番が仇に?元ミラン本田圭佑、セリエA冬の移籍市場ワースト10に選出

セリエAにおける冬の移籍市場を過去20年間にわたり振り返り、イタリアのサッカー情報サイト『トゥット・メルカート・ウェブ』が11日、特集を組んだ。

冬の移籍期間がスタートし、各クラブ間での選手の獲得交渉が活発化し始めた。特集では、20年前まで遡り、セリエAにおける失敗に終わった冬の移籍を発表。昨シーズンまでミランでプレーしていた日本代表のMF本田圭佑もワースト10に名を連ねた。

本田は2014年1月にCSKAモスクワからミランに加入。直後の記者会見はサンシーロのエグゼクティブルームでレッドカーペットが敷かれるなど盛大に行われた。当時のアドリアーノ・ガッリアーニCEOは「1年前から動向を追っていた」選手で「サッカー選手としてやって来た」のであり、マーケティング目当てで獲得したのではないと説明。また本田自身が名門クラブの背番号10番を選んだことで、ファンの期待は一気に高まった。

特集では、「日本人選手は移籍金ゼロで加入したが、非常に大きな期待を受けた。背番号10番を背負い、数多くの日本人ファンを喜ばせたものの、ピッチでの活躍はそれに見合わなかった」と日本代表MFの選出理由を説明。栄誉ある10番の選手として、ファンやクラブの期待を十分に満たすことができなかったと結論付けた。

なお本田のミラン移籍の翌年、同じくCSKAモスクワから1440万ユーロ(約19.3 億円)でローマに加入したコートジボワール代表FWドゥンビア・セイドゥもランクインしている。このほかティエリ・アンリ(1999年・ユヴェントス)、ホセ・マリ(2000年・ミラン)、ステファヌ・ダルマ(2001年・インテル)、ガブリエル・バティストゥータ(2003年・インテル)、エドゥアルド・バルガス(2012年・ナポリ)、ニコラ・アネルカ(2013年・ユヴェントス)、エルデル・ポスティガ(2014年・ラツィオ)、ジェルダン・シャキリ(2015年・インテル)が挙げられている。

no title


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515752786


続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

ラスト侍は広島田中広輔 WBC代表28人出揃う

転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1485575305/l101 :名無し 2017/01/28(土)12:48:25 ID:URi

3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)侍ジャパン最後のメンバーとして、広島田中広輔内野手(27)の出場が28…

全豪オープンの優勝候補がいない件 フェデラーもおじいちゃんだし・・・

490:名無しさん:2018/01/03(水) 22:30:07.79 ID:T+IOQYuDナダル 膝が不透明 おじさん わんぱく ディミ ?? サーシャ 遅刻魔 ティエム 去年終わりよりはまし チリチリ ? ご飯 調子いい ソック MTO デルポ どこにいるかわからない 空気 髪型かっこいい ラオ 豚 …

【悲報】エイバル乾、スペイン国王来日に伴い帰国へ!安倍首相による歓迎会に出席、リーガ2試合を欠場の見通し

1: 名無しさん 2017/03/30(木) 23:34:48.82 ID:CAP_USER9  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170330-00010028-footballc-socc エイバルに所属するMF乾貴士は、スペイン国王夫妻の来日に合わせて帰国するため、 リーガエスパニョーラの2試合を欠場することになるという。30日付のスペイン紙『マルカ』や『アス』が伝えている。 スペイン国王のフェリペ6世夫妻は、来月の4月4日から7日にかけて国賓として来日

柴崎の獲得は売り込みがきっかけ・・・テネリフェ側が探し求めた選手ではない

1: 2017/02/18(土) 16:13:08.74 ID:CAP_USER9
リーガ2部テネリフェに移籍した柴崎岳のデビューが遅れている。  2月1日に行われた入団会見で「できるだけ早く試合に出られる状態にする」と宣して翌日、大勢のファンが見守る中、チームの練習に初参加。以後、特にフィジ…

日本とイングランド心配な共通点・・・「GKとはその国の育成能力が如実に表れるポジション」【 金子達仁 】

1: 2017/02/18(土) 12:02:16.88 ID:CAP_USER9
ドイツにはない。スペインにもない。イタリアにも、フランスにも、ポルトガルにも、オランダにもないのに、イングランドにはある。 何か、お分かりだろうか。 この欄でも何回か書いてきたが、わたしは、GKとはその国…

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スティーバAクリーム